アジアビジネスのススメ(ベトナム編)

無料レポートプレゼント

『日本人旅行者にもできるカンボジア投資術』
ご入力頂いたメールアドレスにダウンロードリンクが届きます。
メールアドレス 必須

ベトナムで○○人を攻略すると売上が倍増する

kengnam_photo_ngoc_thang_LFVD.jpg

ベトナムでお店やってる
日本人のオーナーさんは
絶対にするべきです。

ほとんどやっている人いないので、
かなり効果がありますよ

在留日本人、現地のベトナム人の他に
在留韓国人を顧客対象に加えるという提案です。

ターゲット設定ぶれてな〜い??
という声が聞こえてきそうですが、
だまされたと思ってやってみてください。

韓国人を加えて、広告戦略を立てれば
あなたのお店の売上は、間違いなく増えます。

観光ではなくて、ビジネスでベトナムに
来たことある人は感じたと思いますが、
韓国人のベトナムへの投資は、
かなりアグレッシブです。

ベトナムで暮らす韓国人は
日本人の10倍ともいわれています。
(すげぇーな)


でね・・・

韓国人て日本のこと、いろいろ言いますけど
日本の物がすばらしいことは、
アジア諸国のなかで一番身を持って体験しているし、
実際、身近なんですよね。

そんでもって舌も肥えてます

なので
飲食店なんかも美味しい日本人経営のお店は大好きなわけです。
(韓国人経営の日本食ってかなり酷いですし。。)

ハノイの豚カツ「蓮」なんか、
まわり見回したら韓国人だらけですよ
彼らどこが美味しい店か知っています。

彼らはお金も持ってますし
高くても美味しい日本食だったら
惜しまずにお金使います。

ただ彼らには、日本のお店についての
情報が不足しているので、
ベトナムの韓国人コミュニティーに対して
上手く情報を発信することができれば
とってもよいお客さんになってくれるはずです。

ねっ
意外と盲点でしょ。
効きますよ。これは。

ラーメン屋さん必見!ローカル客の増やし方

日本のラーメン最高!
ダウンロード.jpg

最近では、日本のウマウマなラーメン屋さんの
出店がホーチミンやハノイにも増えたので
超絶ハッピーですよ

ただ、いつも思うんですが

海外の日本人だけ相手にしているのは
もったいないなと

せっかく海外に出店してるんだったら
ぜひともローカル客を狙って
売上倍増してもらいたいなと

ベトナム人を日本のラーメン屋さんに
連れて行くと、ビジネスのヒントになる
よい指摘してくれます。

日本のラーメンて、かなり「がっつり」ですよね。

ベトナムのフォーとかブンチャーとか
ブンボーとかフーティウとかバインダーとか
とっても美味しいのですが、
(ちなみにフーティウ最強!ハノイにないけど・・・)

基本的に量が少ないです。
朝から麺食べるからなのかな??

なので、多くのベトナム人は、
日本のラーメン、量多すぎ
こんなに食べれんと

ローカル麺に比べて、
日本のラーメンは
料金が2倍〜3倍はするので
なかなかローカルには敷居が高く、
爆発的に広まるというところまでは
いってないです。

ですので日本のラーメン屋さんは、
一杯の量を少なくして、
その分で値段をローカルプライスに
できるだけ近づけることで
ローカルが気軽に食べに来れる店にして、
ガンガンまわす経営をするのも
よい戦略かなと思います。

そのへんが上手なラーメン屋さんは
ローカル客大分増えてます。

「サブウェイ(SUBWAY)」ベトナムでのていたらく

20140214-0316-subway-tung-bung-khai-truong-cua-hang-thu-5-1.jpg

以下、ニュースソースからの転載(記事の一部)です。

2011年にベトナム進出を果たした世界最大のファストフードチェーン「サブウェイ(SUBWAY)」は、ベトナムでのフランチャイズ展開に向けて提携先を積極的に模索しているが、店舗数の拡大に難航している。
当初サブウェイは2015 年までに50店舗をオープンする計画だったが、現在の店舗数はホーチミン市中心部の6店舗に留まっている。これについて経営者は、「現地消費者の食文化やビジネス習慣の理解に時間がかかったため」と説明している。
ヘルシーなイメージのファストフードを提供するサブウェイは、特に欧米諸国で人気を集めている。しかし、日常的にヘルシーな食品を口にし、肥満の割合も比較的低いベトナムでは、こうしたイメージで同業他社と差別化しても消費者の認知度はなかなか上がらないのが現状のようだ。
(ここまで)


もったいないなと感じました。

ベトナムはフランス統治下の歴史背景から
パン(バインミー)文化が根づいているので、
うまくいく可能性はあったはずです。

ただその反面、独自のパン文化が
浸透しているので、相当上手に商品の差別化や
ブランディングができないといけません。

だって路上の屋台で、100円〜200円の
美味しいサンドイッチ(バインミー)を
購入できるのですから

なんでわざわざ外国人プライスの
お高いサンドイッチを
買わなきゃいけないのっ?て話です。

サブウェイの最大の失敗は、無理やりFCで
拡大しようとしているところで、
既にブランディングができていると
勘違いしている外資サンドイッチチェーンが
自分たちの頭や体を使わずに
店舗の数だけ増やそうとしたことですよ

やっぱり基本的にビジネスは、
魂込めて、自分の頭で考え、汗水たらさないと
実りがないわけです。

そもそもFC制度自体、ルールや規則の重要性を
理解しきれていない人たちを相手にするわけですから
一筋縄ではいかないですし、

フライチャイザーは相当しっかりしていないといけません。
現時点では、本質的なFC制度のメリットがビジネスに
活きるのは、まだ早いのではと感じてしまいます。

ビジネス拡大の手法や方法、
そして時期や場所を誤ってしまうと
チャンスが一転、機会損失になってしまう
お勉強になってしまう事例ではないでしょうか。

そういえば、「iBanhmi」という新興ローカルチェーンも
そろそろ消える予感がするんですけど・・・
ダウンロード.jpg
ハノイだけなの・・・このお店は??

やってはいけないベトナムビジネス

いっけんするとベトナムで簡単なのでは…
と感じてしまう…

でも実は、外国人がやると成功までの道のりが
めちゃくちゃ険しい分野(ビジネス)の話です。

ベトナムは言わずと知れたコーヒー大国で
生産量が世界2位、輸出量は世界1位です。

だからなのか、よく分かりませんが、
そこいらじゅうにカフェがわんさかあるわけです。

images.jpg

ベトナム人はカフェで、コーヒーを楽しむこと以外に、
友人とゴシップネタ、同僚と上司の悪口で盛り上がったり、

株のインサイダー情報やこれから高騰しそうな不動産ネタを
有力者から聞き出したり、取引したり、

会社経営者が商売相手と密談を交わしたり、
さらには事業案件をスムーズに進めるために
政府高官に賄賂を持ち掛けたり、

フェイスブックグループのオフ会したり、

社交の場?として、ものすごく活用します。
なにかと言えば「カフェ集合!」となるわけです。

でですよ

このカフェというのが、ビジネス的にはビミョーでして、
レストランみたいに大がかりな食事を振る舞うわけでもなく、
特に手が込んだことする必要がないので、簡単に見えてしまうのか

ベトナム人も外国人も
「とりあえずカフェ天国ベトナムでカフェやろ!」
というひとが多いこと。。。

ただ外国人には、この独特なカフェ文化?コーヒー文化?
の感覚がないので、もれなく苦戦を強いられていて、
ビジネス的に成功している人をほとんど見たことがありません。

外資チェーンも調査不足なんでしょうか?
はたまたチャレンジしにきているのか?

スタバが4年前にホーチミンに進出した際には
物議を醸しました。
当時、「スタバはベトナムで流行るか?」
「地場のコーヒーチェーンに勝てるのか?」
とか騒がれてました。

2年前からハノイにも進出してますが、
なんかビミョーな感じです。
一部の層が利用してますが、
決してブレークしてるっていう感じではないです。
富裕層のドラ息子、ドラ娘が使ってる感じでしょうか。

シンガポールのカフェチェーン「nydc」は
既にベトナム市場から撤退しており

他にもオーストラリアの「Gloria Jean's Coffees」や
アメリカの「The Coffee Bean & Tea Leaf」などの
外資系カフェチェーンも店舗の縮小を進めているようです。

インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイでは、
スタバやコーヒービーン&ティーリーフの人気が
高いようなので、やっぱりベトナムは外資には
難しい市場なのでしょうね。

地場で人気の2大カフェチェーンといえば、
Hilands Coffee」 と
Trung Nguyen Coffee」です。

最近では、「Urban Station Cofee」、「Cong Cafe」、
The Coffee House」、「Phuc Long」といった
地場の新興カフェチェーンの台頭も目立ちます。

独自の市場を形成しているベトナムのカフェマーケット、
どうやら外資にとっては、
見えない壁が立ちはだかっているようです。

日本で外資が寿司屋をはじめるようなものなのでしょうかね??
ちょっと違うか、笑

無料レポート書きました!
『日本人旅行者にもできるカンボジア投資術』
コチラから⇒ https://form.os7.biz/f/f78329a2/

ベトナムはエロかった

ベトナムは旧正月が明けて
新たな年が始まりました。

旧正月期間は、
みなヘベレケでした。

忘年会の会場だった
レストランのトイレが
結構、衝撃でした。

IMG_3787.JPG

IMG_3790.JPG

これだと、
いくら酔っ払ってても
絶対に間違いません。

ベトナム人に聞いてみたけど、
こんなの初めて見たと
いってました。

いつからこんなに
エロくなったんだろう

でもこれは
お城ですから
キャッスル。キャッスル。

安倍首相と会談します

本日、安倍首相が来越予定

政府機関周辺はご覧のとおりの
歓迎ムード!

IMG_3760.JPG

IMG_3767.JPG

IMG_3780.JPG

親日なの垣間見えますね。

まあ、空港だの、橋だの
つくってあげてますから

って
私自身は、なんもしてないのに
上からだわ〜

ベトナム人の友人が数名
安倍さんとの晩餐会に出席予定

なんで私は呼ばれないの(#゚Д゚)ドルァ!!

ベトナムで人気のユニクロデザイン

ユニクロの正規店舗、
実はまだベトナムにはありません。

ユニクロにとって、ベトナムは
まだ生産国のひとつであり、
出店対象の国ではないようです。

一般的にベトナムで衣類は安く、
富裕層が購入する高級ブランドは別として、
高いお金をだして買う感じではないです。

なのでベトナムでユニクロは
ファストファッションではないです。
日本の値段ぐらいはしますので。

それでもユニクロは人気があって、
ベトナム人はいろんな方法で
商品を手に入れています。

※入手経路については、
また別に機会にお伝えします。
すごく興味深いです。

ベトナム人に人気のユニクロの
デザインがこれです。


ユニクロ.png

カタカナのロゴが入っている商品です。

アルファベットではなくて
カタカナの商品です。


これ着て、街でドヤ顔です!



無料レポート書きました!
『めざましい成長を続けるアジアの国○○○○○で
 ○○○○を利用し、不労所得を手に入れる方法』

請求はコチラ⇒ https://form.os7.biz/f/f78329a2/

華僑が弱い国はあるのか?

大娘1看板.jpg

華僑て商魂たくましいし、
世界のどこに行ってもいるし、
すげーな!って思います。

アジアでも
シンガなんて、おもいっきり
華僑の国だし
その他の国でも影響力は強い

タイのタクシンさんだって
華僑二世だし
タイでは華僑系の財閥が
ハバを利かせているし

マレーシアやカンボジアだって
経済界を牛耳ってるのは華僑だし

最も華僑が多い国は
インドネシアだしね

基本どこのアジアの国でも
存在感があるわけですよ

でも、あるんです。

華僑がひっそりと
大声をあげずに
暮らしている国が

そう

ベトナムなのです。

中国はお隣さんですよ

ハノイから中国国境なんて
目と鼻の先だし

めちゃくちゃ近く
中国文化の影響も
垣間見えるハノイですが
なんとチャイナタウンがない

チャイナタウンがあると
美味しい中華料理が食べれるのに
中華料理店自体ほんとうに
数が少ないです。
これは来てみないと
わかんないんですが
ほんと不思議です。

商業の都ホーチミンには、
チョロンというチャイナタウンが
存在しますが、
他の国のチャイナタウンと比べると
活気があるとはいえず、
たいしたことないです。

ベトナム人は中国人が嫌いです。
歴史的に中越戦争以降
大分追い出してしまっているし
そんな背景からなのか

ベトナムの華僑は
自ら華僑の血筋を語ることなく
ひっそりと暮らしています。

というか
強制的にベトナム国籍にされている
歴史もあるし
もうほとんどベトナム人と
同化してしまっているのですね

なのでベトナムの華僑は
他の国の華僑と
様子が違うのです。

来てみないとわからないのですが
これベトナム?というか華僑の?意外な一面
驚きの事実です。


無料レポートどぞ!
『めざましい成長を続けるアジアの国○○○○○で
 ○○○○を利用し、不労所得を手に入れる方法』

請求はコチラ⇒ https://form.os7.biz/f/f78329a2/

アジア進出の「洗車の王国」が謎すぎる

神奈川県内でカーケアショップを展開する洗車の王国が
ハノイにベトナム1号店をオープンするらしいです。

洗車の王国という会社のこと、知らなかったので
おっ、遂に日本のカー用品、バイク用品の専門店が進出か
よい進出だなって思って、少し調べてみたら
カー用品やバイク用品の販売ではありませんでした。

なんだかよく分かんないんです。謎すぎて……
洗車の王国 http://cleanyourcar.jp/index.html

会社のウェブサイトみると余計わからなーい
楽天販売がメインなの?

日本に店舗もないようですし、
どうやら洗車用品の販売が主な事業のようなのですが、、、
ただ海外には2006年の上海を皮切りに
中国、韓国、台湾、香港、タイ、マレーシア、シンガポールなど
19カ国で800店舗を展開しています。

海外に800店舗て、単純にスゴイですよ

「洗車を広めれば、交通事故が減る」
「車をきれいにすれば、自然と安全運転になる」という理念の下、
海外に積極的に進出しているようです。

以下、経営者のコメントをネットの記事でみつけたので転載します。

洗車の王国の海外展開とは、私たちの実現したい未来に対して夢を共有できるパートナー(SENSYA Family)探しです。よく聞くような、海外進出、海外戦略とは違い、外国に戦いに行くイメージはまったくありません。洗車業は、非常にローカルな仕事であり、生活習慣や商習慣、文化に密接に関わっています。私たち自らが洗車業を外国で行なう場合、その文化の勉強から始めなければなりません。そもそも、私たちのミッションは、洗車の王国の考え方(SENSYA Culture)を広めていくことですので、その国で広めるミッションは、その国の文化を熟知している現地のパートナーに委ねることが近道です。商品を売ること、売上を伸ばすことは後からついてくると考えているので問題ありません。

いやー謎ですわーー
洗車自体は、海外だって、車を所有する人は当然するわけですし、
その手のサービスは、ローカルで極めて安価で受けられるわけで

たしかに日本式のきめ細やかな技術とかサービスはないですよ

ただ新興国で、この手の分野で、このような付加価値を
理解してもらうのが一番難しいと思っているので……

技術提供やロイヤリティは無償なのかなあ??
(なのでオファーがくる??)
あくまでも洗車用品を売ることを目的としているのでしょうか??

ただベトナムの店舗については、日本の板金塗装や車検整備の会社と
コラボしているみたいです。

ビジネスモデルが見えてこない、、、
志が高いのか、はたまた、先のことあまり考えない戦略?なのか
いやぁ謎ですわぁ

ハノイにサンリオピューロランド!

サンリオのテーマパーク建設が決定しました!

ベトナムではディズニーより先にサンリオが
本格的なエンターテイメントビジネスに参入です。

2018年中にオープン予定だそうで
無事にオープンまでこぎつけるのか
注目していきたいと思います。

ベトナムでゴルフリゾートを開発している
地場のBRGグループがサンリオと提携し
開発を進めていくようです。

ことの始まりは、
このBRGグループの役員が日本を旅行し、
八王子にあるサンリオピューロランドを訪れ
これベトナムにあったら、いいね!
となったようです。

さすがに東京ディズニーリゾートぐらい大規模だと
自分たちでやってみようとは思わないのかもしれませんが
ピューロランドぐらいだったら、
頑張ったらできるんじゃね
と思ったかどうかはわかりませんが、、、
実際にオープンできたら繁盛しそうですけど、、、

どうだろ??
中国のディズニーランドみたいに
入場料高すぎだよ。。。誰が行くかぁボケぇ
となるのか・・・

ハローキティなどのサンリオキャラクターは
欧米だけでなくアジア圏でも大人気ですので
ブレークする要素は十分にあります。

なにせベトナムは、アミューズメント自体が
とぼしい上に、いろんな意味で
ホンモノがありませんから・・・

だってベトナムのテーマパークて
こんなですよ

いいですか

一気にいきますよ

Suoi Tien Theme Park 1.jpg

download (1).jpg

V7VJixfX.jpg

vietnam-aug-2012-282-001.jpg

download.jpg

images (1).jpg

ご覧のとおり、恐いレベルですので。。。

はやくホンモノが必要ですよお〜爆